2019/7/28

Good People  
千穐楽一日前の7月24日に雨あがる。季節が変わり夏が来た。控えめに唸るような蝉の声を初めて聞いた。翌25日10ステージを数えて打ち上げた舞台「グッドピープル」はとっても好きな芝居だった。2月「顔のない少年」3月「TOC TOC」、4月Ova9旗揚げ公演「Necessary Targets」、5月坐禅断食を挟んで国際演劇交流セミナー「フランス特集」の開催、翌日からFTA演劇祭で初モントリオール!そして6月の頭から稽古がスタートした「Good People」との約二か月、雨が多かった。演出助手として着くプロデュース公演は三度目。忙殺の同じ演出家だが、今回は特に時間が無かった。演出助手の概念は現場現場で異なるのだろうが、演出家からの信頼が担保されない限り「演助」なんて、ややもすると、最もやきもきしながら、ただそこにいるだけの存在、になりかねない。劇団でなく一過性の寄せ集めのプロデュース公演ならば尚更。創作の場に居るという実感を求めていた。こなされていく仕事のどこか一部分ではいたくなかった。劇場入りしてから、本番の全ステージを見届けようと自分に課した。全ての稽古と全ての本番を自分だけは見届けた、そこに何が起こっていたか。演出の目としては、俳優に寄り添いすぎる傾向のある私。でも、そんな愛が無かったら、やっていたって只の「お仕事」で終わる。とはいえ、やっぱりこんな事考えているからまだ甘いのだろうか。千穐楽開演前のスタッフルームのショットと、主演の戸田恵子さんから頂いたスタッフTシャツと、戸田さんプロデュースBGブランドのカッコいいグッズたち💛生まれて初めて下北沢でみたお芝居が、あの「裸足で散歩」(1985)だった。ミュージカル「踊れ艦隊のレディたち」と共に鮮明な思い出。戸田さんの変わらないエネルギーは凄い。憧れ。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ