2007/3/19

最後のテープ  
 ネット接続のため日参している(本も読んでるけど)ポンピドゥで、今日は芝居を観ようと決めていた。入場するには結構な時間並ばなければならない図書館にいたから、カフェテリアで自販機のカフェとショコラのバーをかじって、ぎりぎりに切符売り場へ行く。演目はベケットのLa dernière bande /邦題は「クラップ最後のテープ」だったかな。
1975年ベケット本人の演出。1階の切符売り場でたずねたら「今日の?」「切符は予約してあるの?」「そんなのとっくの昔に売り切れですけど」だって。地階グランド・サルの受付では「は?まったくございません。プログラムさえありません」わたくしが甘かったです。認識不足です。流石です。難解な最後のテープ、日本で上演して満席になんかなると誰か思いますか。一人の俳優のモノローグ。Centre Georges Pompidouのグランド・サルは400席でございます。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ