2008/12/28

red hood  
別役実作、〜赤ずきんちゃんの森の狼たちのクリスマス〜円・こどもステージという公演だ。演劇集団円は岸田今日子さんのお声かけで20年以上も前から、この企画を展開している。今回もとっても大好きな円の女優さん高林由紀子さんを見たくて、友人平栗あつみさんにチケットをとってもらった。エレガントで優雅で、美しく華やかで、可愛らしくユーモアのある高林さんのお姿に大満足!「ブルーストッキングの女達」でらいてうをおやりになったのは、もう20年近く前だって終演後おっしゃっていた。すごいなぁ新劇女優。
 ほかにも三谷昇さんや、橋爪功さん、円にはわたしが単なるファン!な俳優さんがいらっしゃる。おしばい、も涙が出そうになってしまった。これはアラフォーの女が目を潤ませるタイプの芝居ではないぞ。ママとこどもたちが、夢のなかに入って♪いつもはあえないひとの、だれかとだれかがゆめの、もりのなかであっている♪お話を一緒にたのしむ、クリスマスのひとときのおしばいだぞ。と、知りながらウルウル。子供のこころは、演劇のココロだとほんとうに体感。師匠フィリップの口癖、演劇は子供の遊びとおなじようにシリアスだ。そのように真剣に遊ぶものだ。演劇するこども、のままでいようと思うだけであった。
 そのあとは、W監督の短編映画試写会へ。う〜ん映画もよいなぁ。出演したわが友、ひがし由貴嬢ももちろん同席で新橋ガードちかくで軽く。なが〜い編集作業を終えたW監督もやはり、子供の顔をしていた。語る。語る。
0

2008/12/28  21:20

投稿者:にょ。
はっ!!!
そのお芝居、26日もやってたよね?!
知り合いが見に行ってたー!なかなか面白かったみたいで。
見たかったー!

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ