2009/1/11

寿初春大歌舞伎  
東京歌舞伎座は、この年頭から取り壊しまでの16ヶ月間歌舞伎座さよなら公演と銘打った興行がつづく。歌舞伎は昼の部と夜の部の演目が違うので、どちらを観るか迷ってしまう。
が、がんばって夜の部と決める。しかし、玉三郎さまの鷺娘は見逃せないと思い、幕見にならんだ。立見だったが、みられて満足。美美美美美!そして高貴なまでの精錬された芸。絶句でございます。
いよいよ夜の部。平成中村座ルーマニア公演で、一緒にお仕事をした舞台監督のじょーじさんにチケットをお願いした。ら、花道横の前から5番目。うわぁぁあ。感激。幕の内弁当を幕間まで待ちきれずに、缶ビールとともに頂く!
一本目は寿曽我対面(ことぶきそがのたいめん)幸四郎さんのあだ討ちにくる田舎侍の曽我五郎・十郎兄弟に吉右衛門、菊五郎のおふたり。あああ、贅沢。家臣が染五郎に松緑。染五郎、なかなかのますらおぶり。見直す。
二本目は勘三郎さんの鏡獅子。獅子に変身する前に登場する娘姿は、ちょっとすごいです。(藤原直美さんかと思ってしまった!?)そして、三本目は三島由紀夫作、鰯売り恋の曳網。喜劇です。玉さまと勘三郎さんの絶妙なかけあいの喜劇でございます。ヤジューローさんが遁世者海老名なあみだぶつでいい味だしてます(実は私スキ)。ルーマニアでいっしょにショッピングセンターにお買物に行った女形歌女之丞さんもいます!なつかしい。
 そこでも染五郎なかなか見せておりました。いやぁ。楽しかった。二回目の幕間は日本酒いってしまったわ。新春、堪能いたしました。玉三郎さんの鷺娘も勘三郎さんの鏡獅子も、この歌舞伎座では見納めでございます。歌舞伎をみて楽しめるようになったのは、それ相当の年齢になったということかしら。またこよっと。
2月は演舞場。あの浅草パラダイス、ふたたび!二階立見席で泣きながら笑ったのはフランスに行く前だったわ確か。じょーじさんは今そのお稽古中ですね。次は一献ご一緒したいと思います。クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/1/12  13:30

投稿者:you
Tomoさん

 でもですね、ちまたのシネコンの座席よりはやや大きめですよ。しかし、終演後、両脚のひざの裏、どちらも虫に刺されてかゆくなりました。60年くらい経ってるんでしたっけ、ムシもいるよねー

http://www.youyamagami.com

2009/1/11  16:53

投稿者:Tomo
堪能されたようですね。私は今の歌舞伎座のサイズだと「こびとの国に行ったガリバー」 ^^; の様になってしまうので、建て直ってから。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ