2010/1/8

ギヤ抜け  整備
70ランクルのギヤ抜け修理。

京田辺から乗って帰ってきたけど、3速と4速は手で押さえとかないと、シフトレバーが跳ね返ってくる。

3-4速ハブ、スリーブ、シンクロ、3速ギア、4速ギア、これぐらい換えれば直るでしょう。

10万仕事やな。

ミッション降ろす前に、念のためシフトレバーを抜いて確認。
どうせレバーは外さなあかんしね。

シフトレバーのブーツを外して引っこ抜いてみた図
クリックすると元のサイズで表示します

シフトレバーの代わりに+ドライバーを突っ込んで3速に入れてみたら、カチッと入った。4速も。
走らんとわからんかな?

走ってみた。


結果

+ドライバーはシフトチェンジしにくい!

つまり、ギア抜けの原因はシフトレバーのようです。

抜いたレバーをさらにバラしてみた図。
クリックすると元のサイズで表示します

支点の半球の受けと言うか、リテーナーと言うか、お椀型と思われるプラスチックのパーツが粉砕していた。
スプリングでテンションかかってるからわからんかったけど、ガタガタです。

でも、これが原因かな?
とりあえず換えてまえ〜〜



速く結果を見たいけど部品待ちです。
明日には入るかな。







1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ