さあ,いっしょにサラダをつくろう

2004/9/27

■BIKEと馬と4輪と  ▼BIKE―技術

 BLOGのPROFILEを見るとわかるが、私は「趣味」の欄に「Horseトレッキング」と書いている。実を言えば私は”乗馬(馬場での1人乗り)”はできない。私の楽しむトレッキングは、良く調教された馬にまたがり先導のインストラクターにAutomaticに付いてゆき、景色を満喫するという初心者向けのものだ。基本的に「無趣味・無特技」な私だが、週1回くらいのペースで乗馬クラブに通いだしてから、「趣味の欄に”乗馬”なんてかっちょちょいい〜」というアホなミーハー心まるだしで書くようになった。ただ、やはり「乗馬」なんて書くのはかなり気がひける(当たり前だろっ)ので、控えめに「Horseトレッキング」なんて書いている。

 BIKE免許を取る前、休憩用のログハウスで乗馬クラブの常連さんとお話したとき「馬に上手くのるコツ」を尋ねたことがある。その方曰く「うーん,基本的にはセンスの問題だけど,BIKEに乗っている人は上手くなるのが早い気がする」とのこと。では、実際教習所に通いだしてからの私はどうか。う〜ん、よくわからん。まあ私の場合、初心者(と観光客)向けのトレッキングだからわからなくて当たり前だ。

 馬はバランスが大切だ。その際、アブミ(足をかける所)には全く力を入れない。膝も絞めてはいけない。鞍に乗せている下半身一点のみでバランスをとる。上半身の力は抜く。タズナは馬に指示を出すためだけに使う(通常は弛めておく)。技術的にはBIKEとは若干異なるが、「下半身を馬(BIKE)と一体化させる」というのは共通している。また、馬に乗るとかなり疲れる。トレッキングはスキー場山頂から海を見下ろし帰ってくるコースでたいだい40分くらいだ。40分も乗っていればけっこう足腰がガクガクする。
 
 私は4輪に乗り初めてかれこれ7年になるが、BIKE免許を取ってビックリしたのは「BIKEと4輪は技術的にも乗り物的にも全く別物」だということだ。そして4輪のほうがはるかに安定していて安心で楽な乗り物だ(あくまで私見)。何かの雑誌で「BIKEは緊張感があっていいね〜」というセリフがあったが、本当にその通りだと思う。私は4輪ドライブをしながら飲食をするのが好きだ。いかに視線を移さずに片手を上手くつかっておにぎりやサンドイッチをきれいに食うか、というのが楽しい。まさに4輪の特性「部屋感覚」が好きなのだ。BIKEには部屋感覚なんて存在しない。BIKEは運動だから。

 で、私はチャリンコも好きだ。大抵のところにはチャリンコで行く。自転車は全身運動だから一番均等に脂肪を燃焼できる、というのも魅力だ。そう考えると、BIKEは「馬と自動車を足して自転車で割った」かんじだと思う。ま、あくまで感覚論なので、一度教習所仲間にこの話をしてみたけれど、「ふ〜んん」という感じで「いまいちピンとこないわ」状態であった。



 クリックすると元のサイズで表示します
☆霧の中をスキー場山頂に向けてトレッキングに向う風景(インストラクターさんと私).ひたすら山道を進み途中小川も渡る.最高に気持ちいい.
0



2004/9/28  15:56

投稿者:sadko

おおっ。訪問+コメント+リンクさんきゅ〜。まじ?この写真すっげー乗り始めの頃のだから身体固まってる(顔こわばってるし)んだよ〜。あおさんもBIKEとろうぜっ(勧誘)。

http://green.ap.teacup.com/zzr400/

2004/9/28  13:05

投稿者:あお

しっかりと踵が下がっていて、見事なフォームです!

#リンク(正確にはMyBlogListへの追加)させてもらいました。カッコいいサイトですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ